映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

ルキノ・ヴィスコンティ監督「ルートヴィヒ 完全復元版」2251本目

まぁなんて美しい映像、美しい男たち。女性より男性の美のほうが強調されてる映画って、だいたいホモセクシュアルの男性監督が撮ったとみて8割がたは合っている。だいいちルートヴィヒの物腰が見るからに・・・

ヘルムート・バーガーアラン・ドロンにちょっと似た正統派二枚目だけど、あの軍服の可愛い男の子は誰?と思ったら「早春」で青春を台無しにしたジョン・モルダー・ブラウンじゃないですか。本物のルートヴィヒとオットー兄弟の写真を見たら、二人ともよく似ています。耽美的な兄弟・・・。

ルートヴィヒ王はあのノイシュバンシュタイン城を建てた王なんですね!ドイツのツアーといえばノイシュバンシュタインです。未完成で世界遺産の要件も満たさない城だそうですが、ルートヴィヒを知らなかった私でも行ったことがあります。無駄なぜいたくをして豪華なものを作った王ほど、後世のその国の観光に多大な貢献をしているのって、すごく皮肉ですよね。

ものすごく美しい映画で、ストーリーもドラマチックだけど、全編口パクなのが気になって仕方ありません・・・。イタリア人が撮ったドイツの映画。ドイツ人俳優がたくさん出ているので、現場はドイツ語だったんでしょうかね。それにイタリア語の音声を乗せている。字幕じゃダメだったのかな。気になって仕方ないので、音声レベル落としてひたすら字幕を追うしかありませんでした。生の役者さんの音声が聞けるのって大事だなぁ。

晩年の崩れていくルートヴィヒも、花びらが落ちかけた花みたいに美しい。

今は質実剛健で華美を避けるイメージしかないドイツの一つの地方に、150年前はこんなにきらびやかな時代があったということに、改めて驚いたのでした。

ルートヴィヒ 復元完全版 デジタル・ニューマスター [DVD]

ルートヴィヒ 復元完全版 デジタル・ニューマスター [DVD]