映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

手塚眞監督「星くず兄弟の伝説」2169本目

なんとも、つまらない映画だったなぁ。近田春夫の曲にはいいものもあるし、キャストも魅力的になれたはずなのに、何もかもが断片的でバラバラで、間がよくない。近田春夫が愛する「ファントム・オブ・パラダイス」(私も大好き)をイメージして作った、というにはまるでワクワク、ゾクゾク、できない。画もあまり魅力がない。はしゃいでる振りをしてるだけで、出演者たちがワクワクしてない。

戸川京子は、最初戸川純かと思った(どっちも可愛い)。

ISSAYさんはなかなかの美少年だったんだなぁ。

尾崎紀世彦は声も素晴らしいけど、この映画の中では珍しく、画面が引き締まるいい存在感でした。ラッキィ池田南流石が踊ってたっていうのも、すごいっちゃすごい。

星くず兄弟の伝説【デジタルリマスター版】 [DVD]

星くず兄弟の伝説【デジタルリマスター版】 [DVD]