映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

リドリー・スコット監督「ブレードランナー ファイナル・カット」 2125本目

改めて、美術の素晴らしさに驚きますね。予算不足だなんて信じられない。最初はドン引きした「協力わかもと」のサイネージ(という言葉ができたのも最近だけど)も美しく感じる。未来的だけど落ちついたヴァンゲリスの音楽も素晴らしい。セットの安っぽさを見えなくするために常に暗い時間に撮影したと言ってましたが、それも重厚さを大きくアップしていて、チャらくなりがちな未来SFの中で、確固としていて、かつ、ギョッと目を引く世界観をガッチリと構築しています。これはやっぱり、監督リドリー・スコットの狂気や妄想の生み出した世界なんですよね。映画やアニメに世界観なんて言葉を使うことも、この映画の前にはなかったんじゃないかな・・・。

この映画に出て来る人たちはみんなゲルマン系かしらと思うほど、女性も肩幅がしっかりしててゴツいんだな。ダリル・ハンナショーン・ヤングハリソン・フォード、ルドガー・ハウアー…。

なるほど・・・ヘビ女さんがガラスを割って店から飛び出す場面は、「ファイナルカット版」ではこんな風にうまく加工されてるんだな。メイキングを見たときは、高いビルの窓から飛び降りる場面かと思ったけど、平らな地面の上だった。ストーリーも追いやすいし、美しく面白い映画に仕上がっているあたりが「ファイナルカット」なんですね。

新しい発見をしたりしながら、とうとうこの映画の舞台の2019年になってしまいました。11月まで後8ヶ月しかありません。2001年を超えて2010年もあっという間に過ぎてしまったあたりでみんな気づいてしまったと思うけど、未来SFで描かれる未来は私たちが近づくのと同じスピードで遠ざかっていくので、多分永遠に来ないんだよね。

起承転結が弱いのはやっぱり変わらないけど、改めてこの映画のすごさを思い知りました。さすが80年代ベスト1!