映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

デイヴィッド・フィンチャー監督「ゾディアック」1880本目

ジェイク・ギレンホールの名前を見つけると、(ああこれは、ジェイク・ギレンホールが出る系のミステリアスなサスペンス映画だな)と期待が高まるようになってきました。パブロフの犬的。
でもこの映画は、ちょいと違っていたかもしれません。前のめりなゾクゾク感や、異世界がすぐそばにあるようなスリルはいつも通りなんだけど、フィンチャー異世界よりも、人間の中にある底知れない怖さにご執心な監督という印象があります。この映画で描かれているのはとにかく人間。なかでも犯罪者自身ではなく、ミステリーに憑りつかれた人々に注目しています。
あれ、それってフィンチャー監督自身にも似てませんか?

「ゾディアック」っていうタイトルはだいぶ前から耳にしていたけど、実際に起こった事件だったんですね。語感がいいし天体関係の用語って意味を知ってもガッカリすることがないし、腕時計の商品名にしてもおかしくない。

<以下、見る前は知らないほうがいい結末情報>
いいところで一気に失速してしゅん、と終わってしまうのですが、こういうアンチクライマックスも監督好みなのかな。モヤモヤとまではいえないけど、消化が悪い感じなのは、犯人像がわからないまま終わるからかな。
でもゾクゾクさせてくれました。ありがとうデイヴィッド、ありがとうジェイク。

ロバート・ダウニー・Jrとかマーク・ラファロとか、目を引くキャストも良いけど、ジェイクの彼女〜妻を演じたクロエ・セヴィニーがいいなぁ。眼鏡がないと、クール・ビューティって感じじゃないかと思うんだけど、眼鏡が知性だけでなくふしぎとセクシーさを増強してる。同性ながら、こんな女性とムーディなお店でお酒でも飲んでゾクゾクしてみたい気になってしまいます・・・。
以上。