映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

羽仁進監督「不良少年」1877本目

リアルで力強い映像。
主役の喋り方がほぼ、ビートたけしです。なんだよこの野郎、馬鹿野郎。巻き舌で、俺がよぅ、それでよぅ、xxってんだからよぅ。東京の下町っ子なのかな。
少年院にいたことのある人たちを使って撮った映画らしい。ドキュメンタリーに近い、「再現映像」みたいな感じ。反抗する子たちには少なくとも気概というものがあるからか?この映像の力強さは。
最近の映画も、演技経験がほとんどない人たちを起用したものがどれも面白いのは、素人の方が演技が上手いからではないはずなんだけど、日本の映画はずっと、演技を学んできた人より人気のある美男美女を役者として使い続けてきたから、本当の素人と、美男美女俳優を並べたときに、リアルさで素人が勝ってしまうのかも。

そういう作り方がすごく成功したのがこの映画だと思うけど、羽仁進の映画ってあまり今語られないなぁ。私から見ると、映画監督というより、小さい頃よくテレビに出ていた教育関係の人というイメージです。作品の画像を並べてみると、サイケで前衛的で、評価の点数は低めだけど、ちょっと見てみたいなぁ。

サラリーマンを囲んで恐喝する場面があるけど、今はみんなあまり現金を持ち歩かないから、Suicaでも奪うのかしら・・・。クレジットカードを渡してしまったらもっとダメージ大きいなぁ。いや、道端でこんなことしてたら街頭カメラの映像を辿ってすぐに捕まっちゃいそうだ。

厳しい教官たちはどこから見ても元軍人。

私の世代は、こういう面構えの少年たちがロックバンドをやってた時代です。バンドマンから俳優になった人もいれば、音楽を続けてる人も、やめて別の仕事を普通にやってる人もいる。映画の中の少年たちのなかにも、彼らの強さを犯罪以外のことに注ぎ込んでカタギとして定年まで働いた人がきっとたくさんいたんじゃないかと思います。

不良少年 羽仁進 山田幸男 RFD-1149 [DVD]

不良少年 羽仁進 山田幸男 RFD-1149 [DVD]