映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

トニー・スコット監督「トゥルー・ロマンス」 1906本目

1993年のアメリカ映画。といっても25年前だ。

監督のトニー・スコットは「トップ・ガン」の人。アメリカらしい爽やかな映像を撮りますね。この映像にして、クエンティン・タランティーノのマニアックな脚本。主人公のイケてない青年は映画マニア(サニー千葉の大ファンw)で、ドラマティックなシチュエーションでやけに強気。何かの主人公になりきってるみたいに。

テンポのいい展開で、極悪な奴らや、得体の知れない奴らがマンガみたいな死闘を繰り広げるこのタランティーノ節。意外なほど盛り上がります。

そしてこの豪華キャスト!

コールガールはその後6歳の僕のママとなったパトリシア・アークエット、そのヒモはその後チャーチルになったゲーリー・オールドマン(この頃はシド・ヴィシャスだのこの役だの、チンピラ役ばっかり)、主役の父はデニス・ホッパーだし主役の友達の友達にしれっとブラッド・ピット。元締めには迫力満点のクリストファー・ウォーケン。元締め側のワルにサミュエル・L・ジャクソン。等々。

アークエットがやけに、とろんとして可愛いブロンドで、女ってのは若い頃はこんな風で子供を産むとみんなたくましくなるのかしら・・・とか思ってしまうな。

 ブラピはこういう地味なろくでなしの役がすごくチャーミングなんだよね。押し出しの強いヒーローやヒールより、こういう彼のほうが好みです。

大勢が口々に「銃を捨てろ!」と言い合う騒がしい現場とか、北野武園子温みたいです。

うーむ、この楽しさ。映画ってやっぱり脚本なんだなぁ。いいもの見せていただきました。