映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

ローランド・エメリッヒ 監督「インデペンデンス・デイ リサージェンス」1444本目

前作を見ないまま、この映画を見てしまった。
バック・トゥ・ザ・フューチャーを2から見るくらいバカな事をしてしまった。
でも、前作でヒーローだったらしいウィル・スミスが額に入って飾られてることや、ずっと眠っていた学者が起きたことは、だいたいわかったぞ。

しかし、全体的に、戦闘シーンがシューティングゲームっぽいところとか、あんまり好きじゃないなぁ。
球体の何かと、「女王」との関係?確執?にあまり触れられてないところも。
ぜいたくを言うようだけど、大宇宙スペクタクルものSF映画には少し食傷しています。。。