映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

グレッグ・モットーラ 監督「宇宙人ポール」1434本目

サイモン・ペッグニック・フロストの映画はいいなぁ。明るくておバカでかわいくて、気分が上がる。
この映画は前に見た友達がほめてたんだけど、なるほどだ。
アメリカ映画なんだけど、イギリス的な要素が散りばめてあるのも楽しい。
オタク文化が苦手な人にも笑えるていどのマニアックさも、いいアクセント。

音楽も好みなんだよな。
冒頭の「Another Girl, Another Planet」だとか。ELOもよく使われてる。場面場面に歌詞を合わせてシャレで使われるんだけど、明るくて気持ちのいい曲が多い。

すごく面白かったので、ペッグ&フロストの映画、機会があったらまた見よう。
次回は是非、ニック・フロストにも素敵な恋愛をさせてあげてください〜!

宇宙人ポール (字幕版)

宇宙人ポール (字幕版)