ジョン・シュレシンジャー 監督「真夜中のカーボーイ」1253本目

冒頭で、テンガロン・ハットとカウボーイ・ブーツのテキサス男が「ニューヨークに行くんだ。金持ちの女どもが男を買うっていうぜ」・・・ああ、バカだ。バカが主人公の映画だ。と喜んだのは最初のほうで、ジョーの回想が入り乱れて前後して交錯するあたりから、(あれ・・・もしかして、マルホランド・ドライブ?)・・・といういやな予感が湧き上がってきます。

1969年というのはどういう時代?アメリカン・ニュー・シネマってやつか・・・。
病んだ役のとき、金髪碧眼筋肉質というのは、逆に変な凄みが出ます。(cf.カート・コバーン
トランジスタ・ラジオのような普通の家電も、固執された途端におかしなことになってくる。

ただ、この映画はそれ以上狂気の世界に倒錯していくことなく、元気なジョーと小悪党ラッツォの、ちょっと変なロード・ムービーが続きます。アンダーグランドの怪しいパーティに誘われるあたり、妖しい都会の香りもして素敵。

「ハッピー・エンド」ではないけど、二人は心の中にある光を最後まで無くさなかったので、やっぱりハッピー・エンドなのかもしれません。タイトルから予想したものと全然違ったけど、いい映画でした。わりと好き。

ジョン・ボイトが誰かに似てるなーと思ったら、アンジェリーナ・ジョリーのパパなんですね。大柄でがっちりとした体も顔もよく似てます。。。