映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

ポール・ウェイツ 監督「アバウト・ア・ボーイ」1008本目

ヒュー・グラント年取ったなぁと思ってしまった。このあと10年以上たって、いいおじさんになったんだろうなぁ。
ハートフル・コメディっていうんですかね、安心して見られてほっこり元気が出ます。
マーカス君(ニコラス・ホルト)が可愛くていい!ヒュー・グラントも、シニカルだけどなんだかんだいっていい奴。
1曲の印税だけで子供達が食べていけるのって、どれくらい入ってくるってことなんだろうな…。
「父親の特許で食べてる」とかじゃなくてクリスマス・ソングっていう設定が、そもそもいいです。