映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

今村昌平監督「黒い雨」1003本目

(2013年10月4日)
わかりやすく再構成された、ひとつの原爆物語ってかんじ。

やっと見ました。これも新宿ツタヤ、VHS。
白黒だったんですね。田中好子が出てるっていう時代だから、カラー作品かと思ってました。
資金難のときに援助した、中国地方のかつての優良企業、林原グループの名前が大きく画面に出ています。
黒い雨を浴びた人がそうでない人との縁談を断られる…黒い雨を浴びたもの同士という選択はなかったのか、とか考えるのは前向きじゃないんだろうか。

田中好子の入浴中のシーンは、とても有名。実際、恐れのような緊張のような彼女の表情と、斜め上から覗き見るアングルはすごい!と思いました。

白黒だし、あえて淡々と描くのかなと思ったら、終盤上記のような、ホラー映画にもあるような派手な演出もあって、「原爆の子」とはやっぱり違うのでした。監督は、外国の人たちにもこの映画を見てもらって、理解してもらおうとしたのかな…なんて想像してみたりして。