映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

日本映画(90年代以降)

石川慶監督「愚行録」2301本目

重ーいカメラだったな。音楽も。なかなか劇場的で魅力的なんだけど、演技には黒さはまったく感じられなかった。それも演出意図なんだろうか?最近の「イヤミス」が原作の映画の中には、役者さんたちが自身の黒さを出し切って気持ち悪いくらいどろどろとした…

石川慶監督「蜜蜂と遠雷」2295本目

原作がすごく好きなので、映画化されると聞いて「ええっマジで」!さっそくすぐに見ましたが、とても丁寧に綺麗に作られた良い映画でした。パンフレットも買っちゃった。小さいころから音楽は好きだったけどクラシックは全く聞かず、パンクとかに流れて今に…

白羽弥仁監督「みとりし」 2285本目

普段映画ばっかり見ている会社員の私ですが、実は「看取り士」の研修を受けている。だからこの映画を客観的に見るのは難しいんだけど、なかなか真っ正面から向き合うのが難しい「死」というものに近づいて、寄り添い、受け入れることをこの映画はあたたかく…

池田敏春 監督「鍵」2272本目

川島なお美、いちばん美しかった頃の姿をこうやって美しい映像に残していけてよかった。彼女が亡くなったのと同じような年齢にさしかかってきて、友人のなかには健康診断でひっかかったという人もいます。この映画が公開された当時とは違う気持ちで、この映…

園子温・山内ケンジ・ 太田光・ 児玉裕一監督「クソ野郎と美しき世界」2266本目

面白かったな。映画というのかこれは?ストーリーもいちおうあって、大団円はあるけど結末はなく、見せ所はたくさんあって下品も上品もある、暴力も愛もある、 芝居もあれば歌もある。ショーというかテレビ番組みたいなものですね。やっぱり、稲垣・香取・草…

荻上直子「かもめ食堂」2259本目

映画の公開のあと、同じ場所に同名のレストランがオープンしているらしい。(kamome.fi)インテリアはだいぶ違いますね。映画ではテーブルとイスは木の地色のままだけど実際のお店では黒っぽい。レイアウトは映画のほうがもっとゆったりしていました。 おと…

奥田瑛二監督「少女 an adolescent」2254本目

監督がテレビのインタビュー番組でこの映画について話してたのを見て、借りてきました。彼自身が演じるインチキ駐在さんが、エロくて悪くていい感じ。彼が惚れる14歳の中学生も、大人と一緒に葬儀の仕事をしているところは大人に見えるし、セーラー服のとき…

大森立嗣監督「日日是好日」2245本目

枯れた映画っていうジャンルがあるのかなぁ。 これとか「モリのいる場所」とか、河瀨直美の一連の作品とか。黒澤明やスピルバーグとかと同じテンションで見始めてはいけないやつ。とはいえこの映画はまだ枯れ切らない、まだ脂っけのある女の子が、生活の節々…

新海誠監督「天気の子」2242本目

まあ今回もびっくりするくらい美しい映像でした。本当に繊細で、いまの日本の技術と感性の粋を集めたという感じです。そして、「君の名は。」につづいて、大人になった監督?によって、<以下ネタバレ?>主人公たちは愛を成就します。ちょっと前の少年少女…

森達也監督「FAKE」2239本目

この映画の公開からもう3年。 ぶっちゃけ、佐村河内さんの会話する姿を見ていて、耳が聞こえないとは思わない。聴覚の病気とか障害っていろいろあって、突発性難聴の話もよく聞く。「ほとんど聞えなくなったことがあったのは事実。そのとき自分は、今後ずっ…

中野量太 監督「長いお別れ」2234本目

山崎努、やっぱりうまいなぁ。蒼井優のモラトリアムな感じ、竹内結子の駐在妻、今もかわいらしい松原智恵子、いい人になりきれなかった中村倫也、とキャスティングが良いです。 認知症をわずらう期間は人によってかなり違うんだろう。私の父は入院してから3…

瀬々敬久 監督「菊とギロチン」2222本目

中島みゆきの歌詞で、道に横たわって人の名を呼んだことがあるか?という趣旨のものがあって(※JASRACに配慮して、趣旨だけ。著作物性は表現にあるからな)、あるわけねーだろ!と突っ込んだことがある人は私だけではないと思いますが、この監督の世界はその…

矢崎仁司監督「スティルライフオブメモリーズ」2219本目

うむ。ちょっとこの映画は”私が見たい映画”という期待に応えきれませんでした。 この監督の「不倫純愛」って映画を見て腹を立てた(笑)ことがあったくらいで、彼が繰り広げようとしているのは、私がイメージしている映画の世界とは全然違う。映画の世界には…

山田尚子 監督「映画 聲の形」2209本目

たくさん借りたDVDの中から、どれを見ようかなって思って手に取ったのがこれだった。なんで今日なんだ。 苦しい気持ちで、もっと苦しくなるかなと少し覚悟してみたら、なんてことだ 、楽になってしまった。きれいで可愛くて優しい世界だった。心配してるつも…

三宅唱 監督「きみの鳥はうたえる」2191本目

そうかこの映画も、佐藤泰志の原作なのか。 著者の若い頃から設定は変えられていて、3人はスマホを使ってLINEで会話し、DJがテクノを流すクラブで踊り、「オリビアを聴きながら」のレゲエバージョンを歌う。 この優しく流れるような音楽がいいですね。Hi'Sp…

阪本順治監督「エルネスト」2184本目

エルネスト、といえばエルネスト・チェ・ゲバラだ。この映画は彼ではなく、彼によってエルネストという戦士名を与えられた日系の青年の物語です。 キューバには今も無料の医科大学があって、キューバの内外、アメリカからも学生が留学してくるそうです。ゲバ…

黒沢清監督「旅のおわり世界のはじまり」2181本目

前田敦子がウズベキスタンをさまよって、「愛の讃歌」を歌いあげる映画を見てきた。こういう映画作っていいんだ。という不思議な気持ち。 日本のバラエティ番組の撮影隊は、誰もやる気がないし、レポーターの前田敦子は、プロ意識はあるけど、カメラが回って…

小池健監督「LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘」2174本目

前情報なしの、いきなりの鑑賞。 ルパン三世はチビの頃から大好きだったし、「峰不二子の嘘」というタイトルがしびれるので選んでみました。彼女が嘘をつくのは当たり前すぎるので、それをあえてタイトルに持ってくるということは、むしろ彼女の嘘についてい…

吉田恵輔 監督「ヒメアノ〜ル」2162本目

<ネタバレあり> 予備知識なしで見てよかった。怖い映画だった。 最初は、早回しで見ようかと思うほど地味なドラマだったけど、真ん中あたりでギュルっとダイヤルが変わる。 配役の妙がありますね。それぞれ、普段からこういう人じゃないことはわかってるの…

佐向大監督「教誨師」2148本目

大杉漣ってやっぱりいいね。まっすぐに、心からの言葉として、役の言葉を言えるのが素晴らしい。この映画は役者さんがみんないいです。五頭岳夫というんですね、あの汚れたトレーナーを着た年配のおじさん。実際いるんだろうな、わるい人たちの悪意をいっぱ…

高橋伴明 監督「愛の新世界」2127本目

楽しかった! 25年前の渋谷の女王様・ホテトル嬢・小劇団といった様々な人々の、欲や見栄や楽しみやモヤモヤ。小劇団系のいろんな人たちが入れ替わり立ち替わり出てるのも楽しい。 萩原流行もいいな・・・。クレジットされてないのにクドカンが出てるし・・…

瀬々敬久 監督「友罪」2126本目

この監督の作品には、「8年越しの花嫁」や「64」があり、「ヘヴンズ・ストーリー」やこの「友罪」がある。私は後者のほうが好きで、この映画は割と良かった。でもタイトルは「友罪」(友のためにおかす罪)じゃなくて「罪友」(罪を負ったものどうし)だよ…

濱口竜介 監督「寝ても覚めても」2123本目

演技経験のほとんどない人たちを使って撮った実験的な「ハッピーアワー」の監督じゃないですか。今回はきっちり作った映画ですね。 東出昌大はいまや定番の若手俳優だけど、相手方の唐田えりかの初々しいこと。こういう、地味めで清楚な子って韓国映画ではよ…

冨永昌敬 監督「パンドラの匣」2107本目

太宰治作品が最近(といっても10年前あたりだけど)映画化されている。人間失格も、ヴィヨンの妻も、斜陽も。歴史は繰り返す。 染谷将太が、比較的アクの少ない「ひばり」と呼ばれる役どころの分、川上未映子の怪演が目立ちます。この人やっぱりなんか変わっ…

山下敦弘 監督「午前3時の無法地帯」2106本目

面白い・・・。同じビルの同じフロアの会社の人たちって、エレベーターで顔を合わせて会釈するだけなのに、妙にいろんな噂話が聞こえてきたりして、近くの他人?という不思議な関係ですよね。その人たちの間に何かが生まれたら?というラブコメです。 専門学…

岡本喜八監督「大誘拐 RAINBOW KIDS」2105本目

なんか懐かしい雰囲気。昭和のころのテレビの娯楽ドラマっぽい。この頃はまだ、木造の昔ながらの納屋のある農家もたくさんあったのかな。 おばあちゃん&誘拐団「レインボウ・キッズ」が主役だと思うんだけど、ジャケットは刑事を演じた緒形拳ひとり。実態は…

品川ヒロシ監督「サンブンノイチ」2101本目

6年も前の映画か。藤原竜也がすでに、おっさんっぽさを身につけている。 「悪魔のエレベーター」は、書店の店頭の熱の入った手書きポップにほだされて買ってみたら、大忙しのどんでん返しだらけで盛り上がりました。同じ人の原作をお笑いの人が演出したのが…

佐々部清 監督「チルソクの夏」2099本目

こういう映画には弱いんだ。リアルに日焼けした、手足の細い女の子たちが、しなやかに、初々しく、走ったりおしゃべりしたりするのを、遠目のカメラで追う。自然にきれいなんだから、普通のままでいい。元気でほっぺがパンパンの上野樹里も可愛いけど、主役…

吉田恵輔 監督「麦子さんと」2093本目

堀北真希ってほわっとしててかわいいんだけど、つかみどころがないなぁ。息が抜けてるというか、腹から声が出ないような。少女っぽい透明さ。これもいいんだけど、グッと腹の据わった演技をするようになるまで、この世界に居残ってくれてもよかったって気も…

細田守監督「未来のミライ」2088本目

可愛くて道徳的でエンタメな映画だった。 何より道徳的。悪いことじゃないですよ。 4歳のくんちゃんに、少し大人になることを学んでもらいながら、少年少女や大人たちもチビの頃を懐かしむ。幼稚園でぜひ見せて欲しい映画です。 道徳的に正しいことを一義的…