映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2019-09-01から1日間の記事一覧

マイケル・ホフマン監督「モネ・ゲーム」2258本目

うーむ、役者はいいのに悪乗りした薄っぺらい映画になりましたね。 コーエン兄弟の脚本なら、大真面目な顔をしたアメリカ人が演じないとおかしくならないのでは・・・この映画の中では、コリン・ファースの大真面目顔の演技はよかったですが。 スネイプ先生…

溝口健二監督「夜の女たち」2257本目

1948年、戦後すぐの作品。 田中絹代がパンパンの役を熱演しています。同じ監督の「赤線地帯」も切ない映画だったけど、この映画の女たちもひどい目にあっています。 家出をしてきた義理の妹の久美子が、声をかけてきた男に酒を飲まされて犯されて有り金を全…