映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2019-08-25から1日間の記事一覧

ルキノ・ヴィスコンティ監督「ルートヴィヒ 完全復元版」2251本目

まぁなんて美しい映像、美しい男たち。女性より男性の美のほうが強調されてる映画って、だいたいホモセクシュアルの男性監督が撮ったとみて8割がたは合っている。だいいちルートヴィヒの物腰が見るからに・・・ ヘルムート・バーガーはアラン・ドロンにちょ…

ルイス・ブニュエル監督「哀しみのトリスターナ」2250本目

カトリーヌ・ドヌーヴは常に美しいなぁ。隙がない。しかし彼女がスペイン語を話すという設定は不自然。口パクの外国語は見ていてどうも疲れます。 フェルナンド・レイが少女を愛するというのは、「ビリディアナ」と同じだ。ビリディアナは修道女になったがト…

ペドロ・アルモドバル監督「アタメ」2249本目

アルモドバル監督の作品はいくつか見たけど、こんなに昔のを見るのも、アントニオ・バンデラス出演作品を見るのも初めて。最近の作品は熟成されてて深い~と思うことが多いけど、この作品って、もっと、カラフルでやんちゃで、おもちゃ箱みたい。浴槽の中で…