映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2019-07-26から1日間の記事一覧

ジョン・カサヴェテス監督「オープニング・ナイト」2223本目

これもまた、妻ジーナ・ローランズを通じて、夫ジョン・カサヴェテスが女ってもののツラさと愛おしさを描いた作品。「こわれゆく女」もそうなんだけど、ジーナ・ローランズを初めて見たのが「グロリア」なので、脆い女に見えない。実際はどんなに強そうな女…

瀬々敬久 監督「菊とギロチン」2222本目

中島みゆきの歌詞で、道に横たわって人の名を呼んだことがあるか?という趣旨のものがあって(※JASRACに配慮して、趣旨だけ。著作物性は表現にあるからな)、あるわけねーだろ!と突っ込んだことがある人は私だけではないと思いますが、この監督の世界はその…