映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2019-07-21から1日間の記事一覧

矢崎仁司監督「スティルライフオブメモリーズ」2219本目

うむ。ちょっとこの映画は”私が見たい映画”という期待に応えきれませんでした。 この監督の「不倫純愛」って映画を見て腹を立てた(笑)ことがあったくらいで、彼が繰り広げようとしているのは、私がイメージしている映画の世界とは全然違う。映画の世界には…

リドリー・スコット監督「エイリアン コヴェナント」2218本目

もうだいたい見なくても大筋はわかっているので、あとは、どう見せてくれるかです。 オリジナル作品が制作された何十年も後に「前日譚」を作るというのは、スター・ウォーズにあやかったのか?スターウォーズは群像劇だけど、エイリアンはエイリアンという特…

トビー・キラー監督「ナイトピープル(Pretty as a Picture: The Art of David Lynch)」2217本目(KINENOTE未掲載)

なぜかいろんなデータベースから抜け落ちてるけど、まともなドキュメンタリーです。制作年は1998年。今から20年も前だ。ロスト・ハイウェイの直後、インランド・エンパイアやマルホランド・ドライブよりは前。「イレイサーヘッド」のジャック・ナンスらと撮…

グスターヴ・モランデル 監督「ドル」2216本目

1938年の、イングリッド・バーグマンのスウェーデン時代の作品。前に見た「スウェーデンイルム家」の3年後。監督も同じだし、テーマは今回もスウェーデン上流階級のお金がらみのトラブルです。そしてタイトルが「ドル」か。こっちの方が、ちょっとややこしい…