映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2019-07-13から1日間の記事一覧

アーマンド・イアヌッチ 監督「スターリンの葬送狂騒曲」2202本目

マイケル・ペイリンが出てると聞いただけで、キッツイ英国ユーモアの映画かなと思い、スティーブ・ブシェミが出てると聞くと、わざと悪趣味にアメリカ的軽薄さを嗤う映画かなと思う。で、舞台はソビエトでスターリンが死ぬと来た。どうやってまとめるんだろ…

ジョン・キャメロン・ミッチェル 監督「ラビット・ホール」2201本目

ラビット・ホール、ウサギの穴。 この映画では、加害者となった少年が罪悪感を吐き出すように描きつづけたマンガのタイトルです。マンガの主人公はその穴を抜けて家族を探し出そうとします。映画では息子を失ったベッカ(ニコール・キッドマン)とハウイー(…