映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2019-03-16から1日間の記事一覧

マイケル・アリアス 監督「鉄コン筋クリート」2117本目

雑誌に連載してた昔、友達が絶賛してた。週刊誌はほとんど一色刷りだけど、この映画は全体的に黄・赤が強くて(空まで青じゃなくて黄色の強いグリーン)、複雑(描き込みが細かい)なので、立体曼荼羅をぐるりと見ているようで、紙と印象が違います。 近未来…

リュック・ベッソン監督「フィフス・エレメント」2116本目

タイトルだけを見て、ミヒャエル・ハネケ「セブンス・コンチネント」を思い出して、生きる気力を無くしそうになったけど、元気が出るような映画でした。「レオン」+「ブレードランナー」かな?ベッソン監督って、おかっぱで童顔で気が強くて戦闘能力の高い…