映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2018-08-18から1日間の記事一覧

ノラ・トゥーミー監督「The Breadwinner (生きのびるために)」1891本目

帰りのキャセイパシフィックの機内で見た4本目。 アイルランドのアニメーション会社の作品。原題「The Breadwinner」。 Kinenoteには登録がないけどWikipediaには邦題で項目があります。Netflixで配信されてるのね。 タリバン政権下のアフガニスタン首都カ…

ヤヌス・メッツ 監督「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」1890本目

帰りのキャセイパシフィックの機内で見た3本目。 ボルグvsマッケンローってまさに私がテレビを見ていた時代で、そういえばあの頃猫も杓子もみんなテニス部だったし、ウィンブルドンという地名はテニスの聖地として私の脳裏に焼きついたものでした。といって…

細田守 監督「時をかける少女」1889本目

帰りのキャセイパシフィックの機内で見た2本目。 細田監督の映画ってあまり見ていないな。 タイムトラベラーってこんなお話だっけ?設定以外は原作に沿わないで創作した? 面白かったけど、彼女が「時をかける少女」になった必然性は「その年頃の女の子には…

イム・スンレ監督 「Little Forest」1888本目

帰りのキャセイパシフィックの機内で見た1本目。 これって日本のマンガが原作なんだ!で、日本では2本に分けて映画化されてたんだ。 どうりでお好み焼きとか出てくるのね?でもてっきり韓国オリジナルの映画だとばかり思ってました。それくらい、韓国の山…

ダグ・リーマン 監督「バリー・シール/アメリカをはめた男」1887本目

行きのキャセイパシフィック機内で見た、4本目。 面白かった。実話だなんて、アメリカって国は一体・・・・。 しかし邦題サブタイトル、彼はアメリカを「はめた男」じゃなくてアメリカに「はめられた男」だよね?この違いはとても大きいと思うんだけど・・…

デヴィッド・リーチ 監督「アトミック・ブロンド」1886本目

行きのキャセイパシフィック機内で見た、3本目。 一言でいうと、ゴーストバスターズやハングオーバー!を女性版でリメイクしたのと同様、ジェームズ・ボンドを女性でやってみた映画。シャーリーズ・セロンの幅の広さは本当に素晴らしくて、美しくも強くもあ…

ケネス・ブラナー 監督「オリエント急行殺人事件」1885本目

キャセイパシフィックの機内で見た2本目。小説は何十年も前に読んだし、ドラマでも映画でも見たから筋は頭に入ってる。 にしても、なんとなく一つ一つのエピソードに納得感がないまま、するする進んでいく感じがしました。 やけにキャストが豪華。ジョニー…

ウェス・アンダーソン 監督「犬ヶ島」1884本目

2018年8月10日、キャセイパシフィックの機内で見た1本目。 珍品、って感じですね。こんな映画を作るウェス・アンダーソンに少し好感を持ちました。 だってタイトルが犬ヶ島で、舞台がメガ崎市だよ?長崎、茅ヶ崎、メガ崎。ミリ崎、キロ崎、メガ崎。ありそう…