映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2018-07-07から1日間の記事一覧

水崎淳平監督「ニンジャ バットマン」1849本目

これは何だったんだろう? 中年女性(私)が一人でガラガラな夜の映画館に見に行くような映画だったのか? 私といろんな趣味の合う人(その人もいい年齢の女性w)から勧められて、あえて前知識なしで挑戦してきたのですが。 ・・・答えはYesだな。こういう過…

ジャン=ピエール・ダルデンヌ 監督「サンドラの週末」1848本目

小さな会社で、うつで会社をしばらく休んでいた女性が、復職するかどうかを他の社員の投票で決める。もう一つの選択肢は、自分たちへの特別ボーナス。・・・この設定自体はおかしいし気持ち悪い。前より安い賃金で復職するか特別退職金をもらうか、彼女自身…