映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2018-03-01から1日間の記事一覧

山本政志 監督「水の声を聞く」1744本目

面白かった。 普通の(下世話なくらい)女の子がなんとなく巫女になり、教祖になる。 どんどん巻き込まれていって、周囲にあつれきが生まれて振り飛ばされるものが出てくる。 本人はまさかの、教祖としての自覚を深めていく。ミンジョンさんが可愛らしくてキ…

ジェームズ・アイヴォリー 監督「上海の伯爵夫人」1743本目

2005年の作品。ジェームズ・アイヴォリーと言うと、「ハワーズ・エンド」「眺めのいい部屋」とかの美しき大英帝国の映画を撮る人ってイメージで、これもその一つかなと思ったんだけど、この作品の原作はカズオ・イシグロ。(日本生まれの日系人が、上海に日…