映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2018-01-16から1日間の記事一覧

アッバス・キアロスタミ監督「桜桃の味」1717本目

この年のカンヌで今村昌平「うなぎ」とパルム・ドールを2作品で受賞した、その片方。 見てよかった。人生って何?を暖かく諭そうとする、昔話みたいな映画。 会話から、ここはイランの首都テヘランのどこかだと推測されるんだけど、どこまで行っても草木の…

森谷司郎監督「赤頭巾ちゃん気をつけて」1716本目

なんとなく、思わせぶりなタイトル。主人公は女以外は欲しいものをだいたい何でも持っていることに退屈して、シニカルになっているようなお坊ちゃん。 そんな青年の胸の中に純粋な思いもあるんだと思うけど、危機に際して魂を揺さぶられてる人とかの映画のほ…