映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2016-12-29から1日間の記事一覧

ドン・シーゲル 監督「突破口!」1476本目

1973年のアメリカ映画。 NHKのBSプレミアムはこの監督が好きなのかしら。超有名な名作以外にも結構放送しています。 でもその気持ちわかるわ。なんとなく地味なんだけど、すっごく面白かった。 目立たない飛行機乗りの泥棒のおっさんの、機転のすごいこと。 …

マイケル・パウエル 監督「赤い靴」1475本目

イギリスでなんと1948年に作られた、カラー映画! おっそろしく美しくクリーンに修復されていて、昔の映画に見えません。すごいよ本当に。 ヒロインの赤毛と、驚くほど澄んだ青い瞳。美麗端麗な映画・・・でしたが、いまひとつ集中できなかった・・ すみませ…

バズ・ラーマン 監督「ムーラン・ルージュ」1474本目

デカプリオ版「華麗なるギャツビー」みたいだなぁと思ったら、同じ監督じゃないですか。 トランスジェンダーの美女たちが舞い踊る六本木のショーパブ的な世界。 もう15年も前の作品なんですねっ!ほんとに映画って、見ないでいると溜まってきちゃって大変。 …

フィリップ・ファラルドー 監督「グッド・ライ」1473本目

あまり大きな政治的な話にしないで、一つの家族だけに集中してよかった。 自分たちではどうにもならない事情で引き離された兄弟たちが、また巡り会う話。 関わりを持ってしまった人たちは、巻き込まれていくうちに自分のことのように力を貸しはじめる。そう…