映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2016-11-13から1日間の記事一覧

チャン・イーモウ 監督「あの子を探して」1446本目

中国のいなかの子どもたちが可愛い! わずか13歳の「代用教員」は、ほとんど生徒と同じ背格好。 勉強を教えるどころか、歌も最後まで歌えないし、先生としての資質や自覚もまだなんにもない。普通の子どもだ。(痛々しい気がするのと同時に、こういうとこ…

チャーリー・カウフマン 監督「アノマリサ」1445本目

いつも変な映画を撮るカウフマン監督の、新しい変な映画。 主役の男の見た目は一見普通だけど、「深刻な味覚障害」くらいは病んでる。ただ、彼がわからなくなってるのは味じゃなくて人の、声と見た目の違い。顧客志向なんたらの本が売れて講演会で旅をしてる…

ローランド・エメリッヒ 監督「インデペンデンス・デイ リサージェンス」1444本目

前作を見ないまま、この映画を見てしまった。 バック・トゥ・ザ・フューチャーを2から見るくらいバカな事をしてしまった。 でも、前作でヒーローだったらしいウィル・スミスが額に入って飾られてることや、ずっと眠っていた学者が起きたことは、だいたいわ…