映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2016-11-01から1日間の記事一覧

ブライアン・デ・パルマ監督「ミッション・トゥ・マーズ」1435本目

2000年の作品。 「2001年宇宙の旅」のようなものを作ろうとしたのかな。いや、もっと人間くさいやつ。だってティム・ロビンスが宇宙飛行士だよ?何か深遠な、宇宙の真理に触れているような気もするけど、エピソードが練りきれていない、微妙な印象も少しあり…

グレッグ・モットーラ 監督「宇宙人ポール」1434本目

サイモン・ペッグ+ニック・フロストの映画はいいなぁ。明るくておバカでかわいくて、気分が上がる。 この映画は前に見た友達がほめてたんだけど、なるほどだ。 アメリカ映画なんだけど、イギリス的な要素が散りばめてあるのも楽しい。 オタク文化が苦手な人…