映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2016-03-06から1日間の記事一覧

ミヒャエル・ハネケ監督「コード・アンノウン」1287本目

2000年の、ハネケ監督のフランス語作品。 ジュリエット・ビノシュ、いい映画に出てますよね!若くて可愛い不思議ちゃんの頃より、中年以降はぐっと深みを感じさせるいい女優さんになったと思います。「ミヒャエル・ハネケの映画術」によると、ビノシュ自身が…

パトリシオ・グスマン監督「真珠のボタン」1286本目

「光のノスタルジア」は流して見てしまいましたが、こっちはむごい過去のできごとを見せつけられて、ずっと苦しい気持ちで見ました。2本のドキュメンタリーをこの順番で見られてよかったんだと思います。チリは日本から見てまさに地球の反対側の国。 過去に…