映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2016-03-01から1日間の記事一覧

ジャック・クレイトン 監督「華麗なるギャツビー」1283本目

1974年版、ロバート・レッドフォードとミア・ファローのほうです。このあいだデカプリオとキャリー・マリガンの2013年版を見たので、対比でますます面白い。あっちは美術映画といえるほど、きらびやかで華やかでうるさくてゴージャスだったけど、こっちは「…

ウディ・アレン監督「おいしい生活」1282本目

2000年の映画かぁ。つまり、パルコの「おいしい生活」ってCMに監督が出てたバブル期よりずっと後。当時のキャッチコピーの栄光にあやかって映画の邦題をつけたわけですね。原題は「Small Time Crooks」。ケチな泥棒たちが、銀行強盗をやるために、銀行の隣の…