映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2015-12-13から1日間の記事一覧

園子温 監督?「BAD FILMS」1193本目

1995年頃に、園子温がやっていた「東京ガガガ」っていう人達が作った、映画のようなもの。という感じでしょうか。 監督自身も、「かくれゲイ」の一人として出演してます。 素人と思われる日本人と中国人と白人と黒人(大雑把ですみません、映画のなかでもこ…

園子温監督「リアル鬼ごっこ」1192本目

すごいな〜、「ラブ&ピース」とこれが対になって、こっちが2015年の園子温の血みどろ面、あっちがファンタジー面という感じ。久しぶりだな、ギャグじゃなくて怖さの伴う血みどろは。「シュールに負けんな。世の中はいつだってシュールなんだ。」 「みつこ、…

溝口健二 監督「祇園囃子」1191本目

1953年の作品。 溝口健二の美しく、はかない世界です。 木暮実千代が舞妓はんのお姉はんで、若尾文子が妹はん、まだ17歳で修行を始めて1年のうぶな少女です。 家庭に恵まれない女性たちが駆け込む置屋があり、その世界の理不尽なルールに反発してみても、…