映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2015-03-09から1日間の記事一覧

ミシェル・ゴンドリー監督「恋愛睡眠のすすめ」890本目

あ、出た。ゴンドリー監督のヘンな映画。 おかしなガジェットがどっさり出てくる、やさしくて手づくりでイカれた世界。安心して、堪能させてもらいました。なにしろ主役がガエル・ガルシア・ベルナル ですよ。「天国の口…」で惚れました。面構えもいいけど、…

ミシェル・ゴンドリー監督「グリーン・ホーネット」889本目

ミシェル・ゴンドリーの映画は、ほんわかと明るくて、ちょっと愉快。 この監督こんな映画も撮るんだねー。というかプロデューサーはなぜ彼に頼んだんだろう。不思議。 彼が撮ると、ヒーロー物なのに主人公が小太り(笑)。助手の日本人のような中国人のよう…

キャロル・リード監督「オリバー!」888本目

1968年のイギリス映画。 マーク・レスターはとてもかわいいけど、「小さな恋のメロディー」の方が吸引力が強い気がします。 この人ってカワイイだけじゃなくて、どこか芯が強い感じがして、スクリーンに負けないですね。まなざしがまっすぐなのです。 ジャッ…