映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

2012-12-01から1日間の記事一覧

ホ・ジノ監督「四月の雪」143本

2005年、韓国作品。 映画ばっかり見てますが、「自殺サークル」のままではとうてい眠れそうにないので、録画しといたお行儀のよさそうな映画を1本見ることにします!とてもきれいでミニマルな映画でした。 いわゆるヨン様がのっけから出てます。病院にかけつ…

園子温監督「自殺サークル」142本目

2002年作品。・・・やっと終わった。最後まで見るのが厳しかった〜〜。はー、これはエグい。 石橋凌、永瀬正敏、麿赤児、といった素敵な大人たちが出演してるのがとってもイイのですが、それくらいなければ最後まで見るのもツラいよ。しょっぱなからキツイ。…

「キューティ・ブロンド/ ハッピーMAX」141本目

2003年公開作品。 今回の原題は「Legally Blonde 2 Red, White & Blonde」。 RedはRed sox、Whiteは何だろう。1は楽しめたけど、捨て犬の親探しのくだりはちょっとありえないし、動物愛護が極端になってくるとクジラを食べる私としては、(この人たちはまさ…