映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

ウィリアム・ワイラー監督「ファニーガール」2313本目(KINENOTE未掲載)

今日はバーブラ・ストライザント特集。音楽だけで映像が出てこない箇所があるので戸惑いますが、昔の長い映画なので冒頭と幕間の音楽だけの部分があったのかな。VODだからその部分に映像がついてないとか? 「ローマの休日」と同じ監督だなんて、時代感覚が…

フランク・ピアソン監督「スター誕生」2312本目(KINENOTE未登録)

むかし一度テレビで見てるけど、レディ・ガガバージョンを見た後でちゃんと見直してみたくなりました。バーブラ・ストライザントとレディ・ガガはミュージシャンのタイプが全然違うのでどっちが良いとか悪いって話じゃないですね。 バーブラは中身の詰まった…

リチャード・アッテンボロー監督「ガンジー」2311本目

リチャード・アッテンボロー監督って偉いなぁ。(子どものような感想ですみません)「遠い夜明け」もいい映画だった。ただ声高に「差別反対!」と叫ぶだけの人とは違う。差別する人の内面も浮かび上がってくるし、差別される側の誇り高さにも目を向けてる。…

ニコラス・ローグ監督「赤い影」2310本目

円谷プロ作品か?大映映画?グロテスクで派手な「不吉さ」の演出。それに、ベッドシーンでのポップな音楽のつけ方の不自然さ。カメラアングルは、やけに凝り凝りで(常に斜め、遠景、動きながら撮る、など)なんともいえない、おどろおどろしさ。チューブか…

ペドロ・アルモドバル監督「私が、生きる肌」2309本目

おもしろい映画を撮る監督が、ベテランになって今度は「普通の人々」と違う特別な設定をしたくなってこんな映画作っちゃったのかな?とも思ったけど、この映画は珍しく原作があるから、いつもとちょっと違うテイストというか方向性になったんだろうな。 アン…

ペドロ・アルモドバル監督「私の秘密の花」2308本目

またアルモドバル監督の映画。そのうち全部見てしまうだろう。面白いんだ、この人の映画は。毎回何かびっくりするところがある。この映画もやっぱり面白かった。ちゃんと見てないとなんだかキツネにつままれたような感じになるけど(昏睡状態の息子の話は、…

ニコラス・ケンドル監督「天使といた夏」2307本目

カナダ映画。デヴィッド・ボウイが出てるんですよ。1999年といえば20年も前で、元気そうではあるけど、年とったね、という印象もあります。彼の役どころは「難病の少年を勇気づけるため、自分の死後に謎解きを残していった男」です。なんかしんみりしますね……

スパイク・ジョーンズ監督「アダプテーション」2306本目

スパイク・ジョーンズとミシェル・ゴンドリーとチャーリー・カウフマン。みんなで集まったり離れたりしておかしな映画やビデオを撮り続けてる人たちだけど、たぶん一番変人なのはチャーリー・カウフマンだよな。この映画も、“あーあ、またやっちゃった”感が…

スティーブン・フリアーズ 監督「ハイ・フィデリティ」2305本目

ロブを演じてるジョン・キューザックも見覚えがあるけど、反応が大きいローラの女友達が、もっと見覚えがあって、なんだか可笑しいと思ったら、その姉のジョーン・キューザックですね。むかーし初めて旅行したニューヨークのホテルでTVを付けたら伝説?の「…

是枝裕和監督「真実」2304本目

賞をとった監督がすぐに外国の俳優で撮る映画は、ふだんの映画より面白くないというジンクスが私の中にあって(偏見かな)、かなりドキドキしながら見ましたが、是枝監督のドラマチックな作品(「誰も知らない」「万引き家族」とか・・・少なくとも中で誰か…

大島渚監督「青春残酷物語」2303本目

桑野みゆき演じる主人公が、パツパツでチャーミングなんだけど若い子らしく無鉄砲で、見ていてハラハラします。今のほうがこういう子を何とかしようという大人が少しは多くて、探してくれればNPOなんかも見つかると思うんだけど、この時代には「自己責任」ど…

ドゥニ・ヴィルヌーヴ 監督「メッセージ」2303本目

2年ぶりに見てみました。 本格的な宇宙SFなのに、戦闘能力ゼロの女性が主役。テーマは、上の自分と違うものたちや、地球外の自分と違うものたちとのコミュニケーション、そして時間というものの既成概念を超えること。未来を見ること、過去を現在のように感…

ビリー・ワイルダー監督「深夜の告白」2302本目

ビリー・ワイルダーって人は・・・。 ヒッチコックの映画も嫌な気持ちを喚起しますが、あっちは自分の身が危ない!という気持ちで、ワイルダー作品は、悪いのは自分だという罪悪感から来る嫌な気持ち…という意味で、かてて加えて不快感が強い。うーむ。あま…

石川慶監督「愚行録」2301本目

重ーいカメラだったな。音楽も。なかなか劇場的で魅力的なんだけど、演技には黒さはまったく感じられなかった。それも演出意図なんだろうか?最近の「イヤミス」が原作の映画の中には、役者さんたちが自身の黒さを出し切って気持ち悪いくらいどろどろとした…

ローレンス・オリヴィエ監督「王子と踊子」2300本目

この映画の撮影裏話「マリリン7日間の恋」を見たあとでこの映画を見る人ってたくさんいるだろうな。ローレンス・オリヴィエはきっと、英国的虚飾の中にこの天衣無縫な女性を放り込んだら面白そうって思ったんだろうな。モンローのセリフも、その秩序の順や…

アンソニー・ルッソ 監督「アヴェンジャーズ/エンドゲーム」2299本目

2作目、1作目の次は3作目を飛ばして4作目。やる気あるのか私! モデルあがりのイケメン俳優クリス・ヘムズワースのタイコ腹! この映画でタイムマシンとかいうと、なんか時間がズレたりするあたり、アナログな感じしかしなくてなんとも古めかしい。 あまりち…

イ・ジェハン監督「私の頭の中の消しゴム」2298本目

公開したころにちょっと見てみたいなーと思ったけど、そのままになってて、Amazon プライムで見つけたので見てみる・・・そういう作品ってあるよね? ロマンチックなコリアン・コメディでも見るくらいのつもりで見始めたら、映像はむしろシリアスでミステリ…

トッド・フィリップス監督「ジョーカー」2297本目

見ごたえありましたよ。ここまで「悪」の側に共感させる映画ってそんなにないのでは?といっても、映画でも言ってたけど善と悪ってのは時代によって移り変わる相対的なものだし、今は「今まで悪と呼ばれてきたものにも背景があるんだ」という主張がいちばん…

小津安二郎「お茶漬の味」2296本目

ノワールといえそうな「東京暮色」を見たあとで「お茶漬の味」を見ると、なんだか教科書を読んでるような気持ちになる・・・。あまりに教訓的な起承転結のある作品です。制作はお茶漬1952年、東京暮色1957年、途中に東京物語1953年などがはさまってる。単純…

石川慶監督「蜜蜂と遠雷」2295本目

原作がすごく好きなので、映画化されると聞いて「ええっマジで」!さっそくすぐに見ましたが、とても丁寧に綺麗に作られた良い映画でした。パンフレットも買っちゃった。小さいころから音楽は好きだったけどクラシックは全く聞かず、パンクとかに流れて今に…

スティーヴン・ソマーズ 監督「ヴァン・ヘルシング」2294本目

頭からめちゃくちゃ煽ってきますね!白黒画面なのに、ウルサイ、ウルサイ(笑)。そのわずか3年後の映像はカラー。この差の付け方は大げさすぎ。 ひとつひとつの場面の意図が明確で、ここで驚いてここですごいなぁと思ってここで切なくなって・・など、この…

アン・リー監督「ラスト、コーション」2293本目

最初は美麗なおばさまたちが麻雀卓を囲んでいて、何だこのうるわしい映画は!とひるんだのですが、やがてこれが「ワイルド・スワン」ではなくスパイ映画であることがわかってきます。囲んでる人たちの中に、ひときわ若くて可愛い子がいるなと思ったら、やは…

バリー・ジェンキンズ監督「ビール・ストリートの恋人たち」2292本目

若い二人のやさしい愛情。キキ・レインが可憐でかわいい。守りたくなる女の子。だけど彼女には勇気がある。強い母にきちんとまっすぐ育てられて、自分自身も強い母になっていく。ファニーは彼女の幼馴染だけど、ある日彼が「一番美しい人と気づいた」という…

ショーン・ペン監督「イントゥ・ザ・ワイルド」2291本目

ショーン・ペンは俳優としてとても好きで、彼がどういう映画を作りたかったのか興味があった。冒頭のかんじ、私がインスタグラムでフォローしている欧米の冒険好きな人たちの写真みたいだ。びっくりするような絶景にいつも一人で挑んで、目が覚めるような写…

ハワード・ヒューズ監督「地獄の天使」2290本目

舞台はヨーロッパだけど、1930年のアメリカ映画。 「ヘルスエンジェルス」といえば、極悪暴走ギャングの名前だと思ったら、実際、関係ありました。あちこち探しまわって、「hells-angels.com」でやっと見つけたところによると、第二次大戦時にアメリカ軍にこ…

ロバート・アルドリッチ監督「北国の帝王」2289本目

北国にしては、ちっとも寒くなさそう。Northと言ってもWestが西部と言うのと同様に、舞台となっているオレゴン州は北部アメリカなので、「北部アメリカの皇帝」でしょうか。(それじゃ座りが悪いので「北国の帝王」って邦題にする気持ちもわかる) それにし…

野村芳太郎 監督「張込み」2288本目

面白いなぁ。 全然期待しないで見たけど、なんでこんなに面白く感じるのか?大木実と宮口精二のコンビが地に足の着いた刑事たちらしく、旅館の人たちも銭湯の人たちも皆魅力的です。その中で、ひときわ地味で印象の薄い高峰秀子。いや、このままで終わるわけ…

長谷川和彦監督「青春の殺人者」2287本目

<ネタバレあり> 1976年の作品。すごい時代の映画だなぁ。今はもう作れない。プロデュースしたのが「復讐するは我にあり」の今村昌平というのが、なるほどです。放送禁止用語バリバリってことより、17歳の全裸というのが今は無理。15歳のデビュー作から脱い…

サイモン・カーティス 監督「マリリン 7日間の恋」2286本目

原作を読んで、あの素晴らしい女性と一般男性の恋にうっとりとして、映画にしたいと思う気持ちもわかる。でも勇気要るよね。マリリン・モンローになれる女優が見つかるとは思えないから。この映画のミシェル・ウィリアムズは、いつものように、懊悩する弱い…

白羽弥仁監督「みとりし」 2285本目

普段映画ばっかり見ている会社員の私ですが、実は「看取り士」の研修を受けている。だからこの映画を客観的に見るのは難しいんだけど、なかなか真っ正面から向き合うのが難しい「死」というものに近づいて、寄り添い、受け入れることをこの映画はあたたかく…