映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

リサ・チョロデンコ監督「キッズ・オールライト」2095本目

<ネタバレあり> レズビアンのカップルの二人の子どもたち。買ってきた「父親」は同じだけど顔を見たこともない。多感な年頃の子どもたちが彼に会おうと思い立ち、会ってみたらナイスだったんだけど、まさかの母のひとりと彼が・・・ 実際、母たちも素敵だ…

ブライアン・デ・パルマ監督「ファントム・オブ・パラダイス」2094本目

何回見てるんだこの映画。なんでこんなに好きなんだろう。と思ってみなさんの感想を見ていたら、私がいつも愛読しているレビューアーの方々のうち数人、明確な理由なしにとにかく好きって書いていて、何かものすごく共感。ついでに「My Best Movie」を久しぶ…

吉田恵輔 監督「麦子さんと」2093本目

堀北真希ってほわっとしててかわいいんだけど、つかみどころがないなぁ。息が抜けてるというか、腹から声が出ないような。少女っぽい透明さ。これもいいんだけど、グッと腹の据わった演技をするようになるまで、この世界に居残ってくれてもよかったって気も…

ジョー・ライト監督「つぐない」2092本目

イギリスのドラマの強さだな・・・。<ネタバレあり。絶対に見る前に読んじゃダメ> シアーシャ・ローナンの、少女のころの感受性の強さに比べると、キーラ・ナイトレイもジェームズ・マカヴォイもわりと普通だなと感じながら 見ていたのに、最後の最後に泣…

ロジャー・ドナルドソン 監督「13デイズ」2091本目

意外と新しい2000年の作品。といってもケビン・コスナー、「ボディガード」や「フィールド・オブ・ドリームス」の頃より老けたなぁ。 キューバのことが出てくる映画かと思ったら写真だった(しかもミサイルだけ)。キューバ危機というのは、ソ連とアメリカが…

シドニー・シビリア監督「いつだってやめられる 7人の危ない教授たち」2090本目

2014年のイタリア映画。 これはもう、設定勝ちですね。ポスドクの貧困は日本でも問題になってる。合成麻薬は禁止されるまではギリギリ捕まらずに作れるとしても、そんな高度な合成ができる人なんていない・・・いや、いるじゃん!食い詰めたポスドクたちが合…

スティーヴン・スピルバーグ 監督「1941」2089本目

1979年のアメリカ映画。 スピルバーグの監督作品で、ジョン・ベルーシ&ダン・エイクロイドが出てるのに、なんで今まで見てなかったんだろう。というかこっちが「ブルーズ・ブラザーズ」より1年前に作られてる。三船敏郎がめちゃくちゃ渋くてカッコいい。当…

細田守監督「未来のミライ」2088本目

可愛くて道徳的でエンタメな映画だった。 何より道徳的。悪いことじゃないですよ。 4歳のくんちゃんに、少し大人になることを学んでもらいながら、少年少女や大人たちもチビの頃を懐かしむ。幼稚園でぜひ見せて欲しい映画です。 道徳的に正しいことを一義的…

ジャン・リュック・ゴダール監督「彼女について私が知っている二三の事柄」 2087本目

「グッバイ・ゴダール」で白日のもとに晒されたばかりの、厭世的な気取り屋ゴダールの作品です。「彼女」マリア・ヴロディの存在感に目を奪われます。イングマール・ベルイマンの映画に出てくる美しくて大きい女のような存在感。ゴダールのミューズは少女の…

マーク・ペリントン 「あなたの旅立ち、綴ります」2086本目

まだ新しい映画なのね。 シャーリー・マクレーンとアマンダ・セイフライドのこのポスターを見るだけで、だいたいストーリーはわかると言ってもいいんだけど、嫌われ者?だった老婦人が81歳でDJデビューするあたりから、「あれ、これクリスマス・キャロルじゃ…

スティーブン・スピルバーグ 監督「レディ・プレイヤー1」2085本目

やっぱり盛り上げてくれるんだよな〜。近未来SFなんて星の数ほどあるし、ゲームめいた進行も珍しくない。だけど、いい具合に荒れた世界で、普通の少年が、未来の宝探し、未来のゴールドラッシュを繰り広げるというワクワク感。天才プログラマーが革新的なゲ…

入江悠 「ビジランテ」2084本目

全体的に重苦しい。 アウトレットモール誘致に必要な土地をめぐる三兄弟の話なんだけど、家出したあと荒んでた長男の気持ちや事情が全然描かれてなかった。ただ、感情がほとばしりすぎても、私は参ってしまうほうなので、この題材にしてはさらっとした描き方…

アラン・ロブ=グリエ 監督「危険な戯れ」2083本目

よくわからない映画だったなぁ・・何を描きたいのかが伝わってこない映画でした。 美少女が何人も全裸でうろうろしていて、いやらしい感じじゃないんだけど、その周りの大人の男たちは買春してるわけだから、いやらしい映画なんだろう。 でもなんでこんな映…

越川道夫監督「海辺の生と死」2082本目

音声が小さすぎる映画って、あまり好きになれない。この映画も室内の会話は普通の映画の倍、テレビ番組の3倍くらいまで上げないと言葉として聞けない。原作の特殊で神話的な場面を表現しようとしたのかもしれないけど、それならいっそ田中一村の絵みたいな…

大根仁監督「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせガール」2081本目

タイトル長すぎ。 なんかマンガっぽい、原作がマンガだからね・・・。多分、面白さもつまらなさも原作の通りなんだろうな。水原希子って、とっても少女っぽいですね。これから大人の女性になっていくような。その辺が、少年の頃の自分を思い出してときめくの…

河瀬直美 監督「Vision」2080本目

河瀬直美の映画は、もういいかも・・・ くだらないとかわからないとか言うつもりはないけど、 土の近くで生きる誰かのスピリチュアルな生活をかいま見ることは、ちっともスピリチュアルな体験ではないから。彼女の言いたいことを理解するには多分もう、彼女…

ヴィジャイ・クリシュナ・アーチャールヤ 監督「チェイス!」2079本目

<ネタバレあり> 大インディアサーカスなんて、似たようなものが本当にあるなら是非見てみたいですね。歌と踊りと魔法がいっぱいの、一世一代のエンターテイメントに違いありません。 インド映画の中でも、力が入ったエンタメ作品はストーリーに伏線がたく…

ダニエル・エスピノーサ 監督「ライフ」2078本目

「ライフ」っていうタイトルの映画はいくつもあるけど、この映画では「人生ってステキ」とかじゃなくて火星の「生命体」という意味らしい。冒頭からなんとなく暗い。そしてジェイク・ギレンホール。彼が出ている映画は全て変わっていて面白いと私は信じてい…

ライアン・クーグラー 監督「ブラック・パンサー」2077本目

この映画の新規性はCGバリバリのインド映画とほぼ同じくらい。面白いんだけど、SFやテクノロジーとアフリカの風景や人々を、融合させようとすればするほど、かえって陳腐に見えてくるのはなんでだろう。 <以下ネタバレ> 最後の最後に、愛し合うふたりが結…

アレクサンドル・アジャ 監督「ルイの9番目の人生」2076本目

映画館によく行ってた時期に予告編をなんども見たので、ずっと気になってた映画。こういう、静かでミステリアスで・・・なんだろう、アメリカに行くと夜中にやってる連続ドラマみたいな感じ。「パンズ・ラビリンス」みたいな、現実から逃げ出したい子どもの…

ロレーヌ・レヴィ 監督「もうひとりの息子」2075本目

そうか、「そして父になる」と近い時期に公開されたんだな。他の人たちの感想を見ると、比較してる人が多い。でも舞台を変えると隔たりが極端に大きくなる。 葛藤にドラマを感じる私たちのために、監督は残酷な舞台を用意した。イスラエル人とパレスチナ人っ…

ボアズ・イェーキン 監督「タイタンズを忘れない」2074本目

1971年を描いた2000年の映画。第二次大戦後すぐとかじゃなく、自分が生まれた後でこんなことが起こってたなんて、しょんぼりしてしまいます。(といっても冒頭のディズニーのロゴで、ハッピーエンド確定) デンゼル・ワシントンって、どこで何をやっていても…

相原裕美 監督「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」2073本目

なんと、マーク・ボランが自動車事故で亡くなった場所を布袋と鋤田が訪ねるところから始まります。マークがギターで軽く感電して髪が逆立ったあの写真が、彼のスタート地点。 鋤田氏って朴訥なたたずまいで、誠実な話し方をする人ですね。パンクスみたいな人…

鈴木浩介 監督「ケアニン あなたでよかった」2072本目

いい映画だったなー。 別にやりたいこともないので、専門学校を出て介護職についてみた青年。日本中のどこにでもいます。ずっと元気だと思っていたのに、気づいたら認知症が進んでいたおばあちゃん。これも日本中のどこにもいます。彼らが介護施設で生活を共…

小松莊一良 監督「フジコ・ヘミングの時間」2071本目

不思議な人だ。初めて見聞きしたときは、なんだか怖いおばちゃんだなぁ、とか、なんて気の毒な人だろう、とか思ったけど、人間って、というか彼女は多分、私ごときが心配するほど虚弱ではなくて、神様から何かとてつもなく美しいものを持たされて地球に落ち…

ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー監督「シン・シティ」2070本目

2005年のアメリカ映画。原作は「グラフィック・ノベル」というんだ。ロバート・ロドリゲスらしい、ちょっと安いアメコミ感。この監督すごく好きなんだけど、この映画はちょっと暗いな。メキシコのギラギラした太陽の下で首がスパーン!と飛ぶようなのが、い…

フランシス・ヴェベール 監督「3人の逃亡者」2069本目

最近、おバカコメディばっかり見てるな・・・。これも相当なやつ。百戦錬磨の銀行強盗が、出所したその日に立ち寄った銀行で、銀行強盗が発生、 まさかの人質にされてしまう!おまけにこの犯人がとてつもない間抜けで、お金はちょっとしか取れなかった上に、…

ボビー・ファレリー /ピーター・ファレリー監督「ふたりの男とひとりの女」2068本目

ジム・キャリーの顔芸すごい!この人の顔の筋肉はどうやって鍛えたんだろう・・・ほんとに。間抜けでいい奴「チャーリー」と、乱暴者だけどやっぱり間抜けな「ハンク」、どっちを選ぶかは究極の選択って気もするけど・・・。レニー・ゼルウィガーは、この映…

家城巳代治 監督「異母兄弟」2067本目

1957年の作品だけど、もっと昔の映画に見える。三國連太郎演じる軍人が威張って澄まし返っている感じが、戦後の映画じゃないみたい。 このとき三國連太郎34歳、田中絹代48歳。このお年にして16歳の女中の役がそれなりに見えてしまう。一流の歌舞伎の女形みた…

フリドリック・トール・フリドリクソン 監督「春にして君を想う」2066本目

永瀬正敏が出てる「コールド・フィーバー」って映画を見て、もう1本見てみようと思ってレンタルしました。こっちの方が4年後の作品。静かでロマンチックなロードムービー。起承転結も特徴もないけど、なんとなく共感を覚える。北欧的なゆっくりした時間の流…