映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

ジェニファー・リンチ監督「サベイランス」2243本目

監督のジェニファー・リンチはデヴィッド・リンチの娘なのね。ツイン・ピークス シーズン3の悪いクーパー捜査官の世界みたいな快楽殺人の場面や、やたらと出てくる警察の場面がリンチ一族。 でも、リンチ一族だから、あのマスクはマスクでなくそういう風貌…

新海誠監督「天気の子」2242本目

まあ今回もびっくりするくらい美しい映像でした。本当に繊細で、いまの日本の技術と感性の粋を集めたという感じです。そして、「君の名は。」につづいて、大人になった監督?によって、<以下ネタバレ?>主人公たちは愛を成就します。ちょっと前の少年少女…

ハーフシュテイン・グンナル・シーグルズソン監督「隣の影」 2241本目

アイスランド映画とは珍しい。先週旅行して帰ってきたところなので、延々と広がる溶岩台地、美しい流氷、あるいはやたらと人気のレイキャビクのホットドッグなど、感動を新たにできたりするかしらと期待して見に行ってきました。 アイスランド映画といえば見…

アルフレッド・ヒッチコック監督「殺人!」2240本目

1930年、ヒッチコック英国時代の作品。画質は悪いけど、見ごたえがありますね。 陪審員の中に最後まで一人だけ意見が違う人がいるという状況は「十二人の怒れる男」を思い出します(あっちのがずっと新しい1954年)ほかの12人が声を合わせるところなど舞台っ…

森達也監督「FAKE」2239本目

この映画の公開からもう3年。 ぶっちゃけ、佐村河内さんの会話する姿を見ていて、耳が聞こえないとは思わない。聴覚の病気とか障害っていろいろあって、突発性難聴の話もよく聞く。「ほとんど聞えなくなったことがあったのは事実。そのとき自分は、今後ずっ…

マーティン・スコセッシ監督「ミーン・ストリート」2238本目

ハーヴェイ・カイテルが若くて可愛い。わりと端正な好青年の役じゃないですか。今よくやってる枯れたオッサン役があまりに板についてるので、意外。「スモーク」の彼とかカッコよかったよね~。(ってあれ1995年か。24年も前)デニーロと比較されることがあ…

ジョン・カサヴェテス監督「アメリカの影」2238本目

カサヴェテス監督、斬新。若いころはこんなの撮ってたんだ。 なんかジム・ジャームッシュ作品みたいじゃない?この作品を撮ったのがギリシャ系の白いアメリカ人ってのが、とんがり具合を感じさせます。オチもないし。 その後の監督の、すごく身近にある目立…

エルンスト・ルビッチ監督「私の殺した男」2237本目

1932年のアメリカ映画。フランソワ・オゾン「婚約者の友人」のオリジナル版。これを見ると、オゾン監督がどれほどイジワルに原案をいじり倒したか、よくわかります。タイトルがネタバレだと思ったけど、この映画では “刑事コロンボ方式”で最初に殺害場面、そ…

アスガー・ファルハディ監督「誰もがそれを知っている」2236本目

このタイトル、「予告された殺人の記録」みたいだな。あのお話では、ある人がある人を殺すために探し歩いていて、何人かはそれを阻止しようとしているのに阻止できない。この映画では、誰にも言っていなかった秘密のはずのことを、実は長年みんな噂していた…

ジョーダン・ピール監督「アス」2235本目

<ネタバレあり> いろいろツジツマが「?」なところがあるけど、なんか本質的な気味の悪さがある。ナンセンスホラーというか、理屈じゃない生理的な違和感が面白い。なんでウサギを食べるのか。なんで赤い服なのか。・・・そして、追い詰められたからとはい…

中野量太 監督「長いお別れ」2234本目

山崎努、やっぱりうまいなぁ。蒼井優のモラトリアムな感じ、竹内結子の駐在妻、今もかわいらしい松原智恵子、いい人になりきれなかった中村倫也、とキャスティングが良いです。 認知症をわずらう期間は人によってかなり違うんだろう。私の父は入院してから3…

ダン・トラクテンバーグ 監督「10 クローバーフィールド・レーン」2233本目

どうして私は機内でわざわざこういう映画を見ちゃうんでしょう。 (以下ネタバレあり) 日常が急に密室サスペンス(ホラー?)になり、でも近未来ディストピアSFみたいな小ネタも効かせるのね、と思ってたら突然、ほんとうに何かが攻めてきてるし!でも振り…

ヤスミン・アフマド 監督「タレンタイム 優しい歌」2232本目

2009年のマレーシアの映画。 「いい映画だった」と書けばそれで終わっちゃうんだけど、この気持ちの機微をどう表せばいいか。見終わってハッピーハッピー♪な気持ちになる、というのとも違う。やさしい気持ちではあるんだけど、よかったよかったというのとは…

サム・ウッド監督「チップス先生さようなら」2231本目

ほのぼのと不器用で暖かい人間ドラマでした。時代設定は100年以上前だけど、(ハリポタを見慣れてるからか?)イギリスのボーディングスクールの風景は古くは感じられませんでした。こういう映画見るといつも不思議なんだけど、老けメイクの技術って良くなっ…

フランク・ロイド監督「戦艦バウンティ号の叛乱」(「南海征服」)2230本目

1935年の作品。クラーク・ゲーブルが「風と共に去りぬ」と比べてそれほど若くもないけど白黒のかなりシンプルな画面。この人は知的でやんちゃで精悍で、いい顔をしてるなぁ。 残虐なブライス船長を演じてるチャールズ・ロートン、すごく見覚えがある。「パラ…

ジョン・アヴネット監督「アンカーウーマン」2229本目

1996年の作品。このころのミシェル・ファイファーってすごく綺麗でさわやかだな〜。38歳か。ロバート・レッドフォードはなんと60歳!まだダンディではあるけど、これは50代までの役柄じゃないかな・・・。 この映画はまるで、アンカーウーマン版「スチュワー…

フランシス・フォード・コッポラ監督「ワン・フロム・ザ・ハート」2228本目

クレジットを何も見ないでこの映画を見たら、誰が作ったと思っただろう?コッポラとは思わないだろうな。映像のセンスは抜群だけど中身の薄さ、キャスティングの微妙さで、新人監督だと思ったかもしれない。 一言でいうと、不出来な「ラ・ラ・ランド」か・・…

ソフィア・コッポラ監督「マリー・アントワネット」2227本目

冒頭すごいなぁ。白いドレスのアントワネットが下女にペディキュアをされながら、ウェディング用みたいなピンク色の3段のケーキのクリームをつまみ食い。そこに「マリー・アントワネット」って言う題字が、まるでセックスピストルズのジャケットみたいにド…

ペニー・マーシャル監督「ビッグ」2226本目

こういう映画が意外と面白かったりするんですよね。 子どもが謎の神秘的な魔法で突然大人になっている、という設定。不幸になりすぎてもツライし、うまく行きすぎてもしらけてしまう。まだ初々しいトム・ハンクスが、“コドモオトナ”らしい様相を見せてくれま…

サム・ペキンパー監督「ガルシアの首」2225本目

首っていって、本当に首なんだもん・・・ サム・ペキンパーの映画、苦手だから見るのやめときゃよかったのに・・・。 <以下ネタバレ> いや、やめときゃよかったのは、ベニーがガルシアの首で一儲けなんてこと考えるのをやめときゃ良かったのだ。 墓掘りの…

マシュー・ヴォーン 監督「キック・アス」2224本目

私が好きなジャンルのひとつ”おバカ映画”のカテゴリーに入る映画ですね。オタクだけどスーパーヒーロー、おバカだけどちゃんとカッコいいところも見せる。 アーロン・ジョンソンって、なんとあの「アンナ・カレーニナ」のアーロン・テイラー=ジョンソンなん…

ジョン・カサヴェテス監督「オープニング・ナイト」2223本目

これもまた、妻ジーナ・ローランズを通じて、夫ジョン・カサヴェテスが女ってもののツラさと愛おしさを描いた作品。「こわれゆく女」もそうなんだけど、ジーナ・ローランズを初めて見たのが「グロリア」なので、脆い女に見えない。実際はどんなに強そうな女…

瀬々敬久 監督「菊とギロチン」2222本目

中島みゆきの歌詞で、道に横たわって人の名を呼んだことがあるか?という趣旨のものがあって(※JASRACに配慮して、趣旨だけ。著作物性は表現にあるからな)、あるわけねーだろ!と突っ込んだことがある人は私だけではないと思いますが、この監督の世界はその…

サミュエル・フラー監督「東京暗黒街 竹の家」2221本目

こりゃまた珍品。日本の風景がやたらとエキゾチックで外国みたいに見えるのは、発色が派手すぎるからかも。Wikipediaによると”東京(浅草、月島、銀座など)、神奈川(横浜港、鎌倉など)、山梨で、43日間にわたりロケ撮影が行なわれた”そうなので、映画の中…

ボブ・ジラルディ 監督「ディナーラッシュ」2220本目

外国人やアメリカ郊外の人の憧れじゃなく、リアルな地元の人たちのニューヨークが描かれていて、なかなか刺激的な映画でした。この映画の公開は、あの事件のあった2001年9月11日のほぼ1年前、2000年の9月1日。危機はこの街にはなく、外で戦って帰ってきた人…

矢崎仁司監督「スティルライフオブメモリーズ」2219本目

うむ。ちょっとこの映画は”私が見たい映画”という期待に応えきれませんでした。 この監督の「不倫純愛」って映画を見て腹を立てた(笑)ことがあったくらいで、彼が繰り広げようとしているのは、私がイメージしている映画の世界とは全然違う。映画の世界には…

リドリー・スコット監督「エイリアン コヴェナント」2218本目

もうだいたい見なくても大筋はわかっているので、あとは、どう見せてくれるかです。 オリジナル作品が制作された何十年も後に「前日譚」を作るというのは、スター・ウォーズにあやかったのか?スターウォーズは群像劇だけど、エイリアンはエイリアンという特…

トビー・キラー監督「ナイトピープル(Pretty as a Picture: The Art of David Lynch)」2217本目(KINENOTE未掲載)

なぜかいろんなデータベースから抜け落ちてるけど、まともなドキュメンタリーです。制作年は1998年。今から20年も前だ。ロスト・ハイウェイの直後、インランド・エンパイアやマルホランド・ドライブよりは前。「イレイサーヘッド」のジャック・ナンスらと撮…

グスターヴ・モランデル 監督「ドル」2216本目

1938年の、イングリッド・バーグマンのスウェーデン時代の作品。前に見た「スウェーデンイルム家」の3年後。監督も同じだし、テーマは今回もスウェーデン上流階級のお金がらみのトラブルです。そしてタイトルが「ドル」か。こっちの方が、ちょっとややこしい…

ロブ・ライナー監督「恋人たちの予感」2215本目

実はこの映画見てなかった。ニューヨークのカッツ・デリカテッセンにも行ったのに!(くだんの場面だけは、なんかで見たことがあった) ということで、たしなみの一つとして見ておくことにしました。さらっと。 老夫婦があいま、あいまに何組も出てきて出会…