映画と人とわたし

映画は時代の空気や、世代の感覚を伝え続ける、面白くて大切な文化だと思います。KINENOTEとこのブログに、見た映画の感想を記録しています。

スパイク・リー監督「ブラック・クランズマン」2325本目

レジェンド、スパイク・リーが監督!プロデューサーは「ゲット・アウト」「アス」を監督したジョーダン・ピールだ。潜入捜査官はアダム・ドライバー。タイトルの「クランズマン」の「クラン」=「Ku Klux Klan」。かなり期待して見たんだけど、いろんな意味で期待とは違う部分が多かった。

最近のハリウッドの映画は、かなり緻密なのが普通なので、史実がどうあれ「電話番号から住所を調べたら黒人(というか本人)が出てきた」っていう設定はないんじゃないかな~、第一、最初に電話をかけてコールバックしてもらったのは警察署の中だったよね?そもそも、わざわざ黒人が電話をかけて別の白人が潜入するなんて、面倒をやる必要は・・・などなど、“団体”に乗り込むにしては脇がスカスカだし設定も甘く感じてしまった。

でも、なんだろう、この独特の画面の味わい、人と人とのかかわり方の描き方が、私が今までに見た黒人監督の映画に通じるものがある。じわっと味があるんだ。セリフを大事にするんだよね。誰が誰に何を言ったか、が大事。

何度も流れるテーマ曲の切ない、ある意味“昭和”っぽい感じも意外だった。

それにしても、白装束は異様で怖いし、レジェンド中のレジェンド、ハリー・べラフォンテ(だってオットー・プレミンジャーの「カルメン」にも出てたんだよ)の語る歴史のおぞましさ。この場面は映画の筋のうえで必要ではないけど、監督がどうしてもこのことに触れずにいられなかったんだと思う。

関係ないけど、“団体”のマークが線だけで描くと「丸に十の字」でちょっとショック。私の名前は島津ではないし血縁もないけど、うちの家紋はこれなのだ。海外で、特に黒人の人たちの前でこれを見ても、「これうちの家紋と同じ!」ってはしゃいだりしないように自分を戒めておこう。

川島雄三監督「わが町」2324本目

冒頭の南洋語りはちょっと見慣れない感じで面白い。

それが終わってタイトルが出てからは、急に関西弁で人情ものの世界。私はこの時代は知らないけど、まだがらんとした町なかの様子、いろいろあるけどみんな一生懸命だった時代の人たち、なんだか懐かしさがこみあげてくるのはなぜだろう?

殿山泰司北林谷栄も若い(若いのに老けた演技がうますぎる、二人とも)!大坂史郎は懐かしいけど、いつから見なくなったんだろう?そして辰巳柳太郎って骨太な二枚目なのに明るくて愉快で、素敵ですね。豪放磊落、ごうほうらいらくってこういう感じを言うのかしら。二枚目然としていない、親しみのわく人気者。最近こういうキャラクターっていないなぁ。

でもこの映画のなかの彼はとことんダメ男。心は熱いが想いばかりで、大事な妻、娘、孫を苦しめてばかり。この世界では人はもともと弱いもの。二枚目でもダメ男、いくら一生懸命にがんばっても裏目に出ることばかり。・・・いまの世の中にはこういう、やさしい諦念みたいなものがなくなってしまった。人はみんながんばれば報われる、お金持ちは悪いことをしてるからだ、自分はかわいそうだ、と思ってどんどん不幸になってる。そんな立派なもんじゃないって、人間って。がんばってなんでも思い通りになる人なんてあんまりいないってば。原作の織田作之助は「夫婦善哉」の作者でもある。歌舞伎や大衆演劇で育った世代の現代作家って感じですね。20歳頃までに見たら、「ダメな男を主役にしたりして、いやだわ。真面目に頑張った人が報われなきゃ!」と私も思ったかもしれないけど、おばちゃんになってみると、この映画の時代がいいなぁ・・・。

若い世代を代表するのが、生まれ変わった南田洋子三橋達也。彼女はとにかく清楚で美しく気丈で、彼は精悍で地に足がついている。彼らがこの時代の「これから」だったんだな。

この時代のプラネタリウムというのは、機械だけど影絵みたいにロマンチックでいいですね。

そしてこの映画を見ていて初めて知った驚愕の事実(映画の筋となんの関係もない)。フィリピンは北半球なのに南十字星が見えるのだ、ときいて調べてみたら、石垣島でも宮古島でも普通に見えるらしい。本州でも見える場所があるらいし。なんということだ!今度見なければ! 

わが町 [DVD]

わが町 [DVD]

 

 

ハイファ・アル=マンスール監督 「少女は自転車にのって」2324本目

サウジアラビアは、女性の露出部分が世界で一番くらい少ない国だ。真っ黒な衣をかぶって顔は目だけを出す。だけどこの子はオテンバだ。ゴージャスな美人(モニカ・ベルッチみたい)の母親と雰囲気違いすぎ~~

この国では女の子が自転車に乗ることもできないのか。
日本では第二次大戦中の1943年に「お使いは自転車に乗って」っていう軽やかな歌が流行ったそうです。「洲崎パラダイス赤信号」とか、映画にもたくさん出ている、宝塚出身の轟夕起子の歌です。
日本の女性は、かなり昔から自転車には乗れるし、黒いベールなどかぶらなくていいけど、今もいろいろと不自由なことがある。
逆に、全身を覆っている女性たちが、家の中ではカラフルな服を着て家族とのびのびと暮らす場面もあるんだろう。男性と女性を区別する分、女性が女性を教えたり診察したりするための仕事も多いかもしれない。

同じ監督が「メアリーの総て」を監督したというのは面白いです。あの映画も美しくて少しゆがんだ、興味深い映画でした。
日本にも来て、日本の昔の女性の映画とか撮ってくれないかな。すごく見てみたい気がします。あ、もし「Pachinko」を映画化するならこの人かしら?

少女は自転車にのって [DVD]

少女は自転車にのって [DVD]

 

 

東海テレビ制作「さよならテレビ」2323本目

このドキュメンタリーはじっさい、テレビ界隈で大いに話題になってるみたいです。ドキュメンタリー系の作品を作る人たちの中には、自分の強い信念に沿った物語を見せようとする人もいれば、とにかく深いところまでもぐって悪い部分を出そうとする人もいる。この番組は、普段ならドラマやバラエティも作るような人たちが作ったんじゃないかなと思う。見せ所とか面白さが価値判断になってるから。でも、テレビの人たちの中には、呆れるくらい「なんでも撮るけど自分自身は絶対に撮られたくない」人って多くて、自分たち自身のドキュメンタリーを作るってタブーみたいな感じがするので、この番組を作ったことそのものが痛快で、そういうのに乗っからないほど旧態依然とした番組制作者は、時代にもうついていけないと思う。

このドキュメンタリーに嘘がないのか?という点は、見る人も作っている人も見られている人も、全員胸に手を当てて考えてみるといいです。自分が人に話すことに嘘は本当にないか?面白く聞かせようとして盛ったり、わりあい大事な細部を端折ったりしてないか?

しない人はいません。ほんとうに嘘をつかない人は嘘をつくことができない人だけ。自分と同じ人間が作ってるんだから、”真実”だけをドキュメンタリーにするなんて神業は誰にもできません。そういう覚悟をしてマス情報を受け取れよ、視聴者が自分で選び取るんだよ、ということをとうとう言ってしまった番組です。究極のネタバレ、手品の種明かしです。

BBCの番組制作者だったケン・ローチは、テレビに飽き足りず外で映画を撮り始めました。あえてドキュメンタリーに行かずフィクションを作り続けてます。是枝監督とかもそう。スポンサーがあれば気を遣うし、なくてもテレビをお茶の間で見る層がお茶の間で見たい番組は、彼らが作りたかったのとは違っていったんだと思います。マスコミは悪だとか洗脳してるとか、彼らより自分が小さいみたいに思って文句を言うのはやめて、つまらないものは見ない(テレビは見ない、ではなく選んで、いいと思うものは見る)っていう人がもっと増えたほうが面白いと思う・・・。

ダニー・ボイル監督「イエスタディ」2322本目

ふーむ。設定は面白いし、リリー・ジェームズは可愛いし、ヒメーシュ・パテルは可笑しいし、終わってほんわかするけど、ダニー・ボイルってこんなにヒネリを利かせない監督だったっけ?「スコットランドで一番汚いトイレ」みたいなインパクト、あけすけな生活感、そういう映画はもう作らないのかな?なんかもっと・・・もっともっと・・・。(うまく言えない)

ボヘミアン・ラプソディ」よりは、愉快なセンスなんだけどね。世界で唯一(いやほかに2人)ビートルズを覚えてる売れないシンガー・ソングライターがインド系の自信のない男で、彼を愛し支える学校教師は誰からも好かれる、愛嬌のある美人。オアシスも存在しない、ってのがいいよね。彼らは明らかに「ビートルズを覚えてる人たち」だからね。

(ネタバレあり)ジョン・レノンは声がハスキーで全然違うけど見た目はかなり似てる。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」みたいに、監督が”その事件が起こらなかった世界”を作りたかったのかな。

オチは題材を決めた時点で最初からわかってるので、いいとも悪いとも・・・

しかしいざ、この状態に突入したとして、歌詞までこれほど思い出すなんてすご~く大変だろうな。残りの二人と組んでやればよかったのに。

つまり、「What If」SFとしては、かなり物足りないし、あんまり皮肉も効いてないしどこのトイレも汚くない、そんな映画だったのでした。なんとなく見た!という満足感はあるんだけどな・・・。

ちなみに、たまたま、来年あたりリバプールってところに旅行してみようと思ってた矢先にこんな映画やられちゃったら、観光客ただでも多いのに、きっと混むよね~。

 

オットー・プレミンジャー監督「栄光への脱出」2321本目

意外と昔の映画です。1960年。2019年から振り返ってみると、イスラエル建国からわずか12年、と感じます。独特のケレン味のある映画を撮ってきたプレミンジャー監督が、イスラエル建国の経緯を本気で撮った大作。この監督なんとも好きなんだよなー。ちょっとだけ無駄に濃いかんじの映像づくり。キプロスの商人を演じてるヒュー・グリフィスの容貌も濃いけど!

ポール・ニューマンや、北欧風美少女カレン役のジル・ハワースや明らかにイタリア系のサル・ミネオはユダヤ人に見えない(私のイメージでは、オスカー・アイザックとかビリー・ジョエルとか、女性は細面で髪は濃い栗色でウェーブしてる、とか)けど、いかにもな容貌の人たちを集めるのが目的の映画ではないです。誤解をおそれずにいうと、それぞれの役割をそのまま表したような風貌の人たちがキャスティングされているようで面白いです。

船の名前がエクソダス。「出エジプト記」もエジプトから虐げられるユダヤ人を連れ出します。彼らの長年の苦難や、このタイトルに込めた思いが胸にくる・・・。

この監督の映画は、まるで公開当時の1960年頃のような、平和な観光客とガイドの光景を冒頭にもってきたりする構成など、見ている人を楽しませ、飽きさせない工夫がたっぷりなので面白く見られるんですよ。ただ、第二次大戦が終わってからイスラエルが建国されるまでの歴史が私の中に入ってないので、ふっと気を抜くとストーリーがどこに行ってるのかわからなくなります。2回見直したけど、まだちゃんと把握できた自信がない・・・。結局映画って、見るものの教養によって届くものが全然違ってくるんでしょうね。もうちょっと普段から精進しとけ、私・・・。

栄光への脱出 [DVD]

栄光への脱出 [DVD]

 

 

 

アルフレッド・ヒッチコック監督「ウインナー・ワルツ」2320本目

解説を見ると「楽聖映画」とあります。ウィーンでヨハン・シュトラウス二世が伯爵夫人というパトロンを得て「美しき青きドナウ」を作曲し、一晩にして大スターとしてブレイクする、という、殺人も謎もミステリーもない映画。ヒッチコックなのに!
ヒロインを演じたジェシー・マシューズが可愛い。小さい女の子みたいな丸顔のベビーフェイスです。
子どもみたいなのは顔立ちだけで、役どころはやきもち焼きの大人の女性なんだけど。
身のこなしがバレリーナみたいに美しいのは、ダンサーでもあるからですね。
歌う場面もありますが、ちゃんと声楽の素養がある歌声です。

それにしてもヒッチコック色のない、いいんだけど普通の映画だったなぁ・・・。